> プラセンタ注射とは!?

プラセンタ注射とは!?

胎盤から抽出される「プラセンタ」ですが最近では化粧品、サプリ、パウダーに加えて
プラセンタ注射」が注目を集めているようです。
胎盤はそもそも新しい生命を育てる機能で、そこには細胞を再生する効果が
秘められていると言われています。
そのエキスを抽出して肌に注入する事で、
肌そのものを若々しくよみがえらせてくれると言う仕組みです。

…とはいえ注射するのはちょっとこわいイメージがありますよね?

ではプラセンタエキスを注射して大丈夫なのでしょうか?

プラセンタエキスを注射するのは大丈夫だのか?

今までにプラセンタを注射して副作用で大きな問題になった事が無い
と言うのが一般的な回答のようです。
プラセンタの成分自体は体に悪いものではありません。
注射で使用するプラセンタエキスは「正常分娩で生まれた健康人」の胎盤を
原料にしているので輸血をするのと同じようなリスクはあると考えられています。
また、その取扱い方法は国で決められている方法にのっとって、
加水分解法に加え、高温加熱処理・高圧蒸気滅菌処理などの熱処理を
繰り返し行うことで、ウイルス・細菌は不活化されているはずなので、
製品の品質・安全性は充分に確立しているものを
美容外科クリニックが管理しているはずです。

そのためエキス自体には副作用の可能性は低いと言えますが、
まれに注射の針に対してアレルギーがある人がいるようです。
プラセンタ注射をした箇所にかゆみを感じたり、
腕がやや重く感じる程度のもので半日くらいで治まるそうです。
どちらにしてもプラセンタ注射は個人で行う事は出来ないので、
興味がある場合はまずは美容外科クリニックで自分の体調とともに
相談をしてみるのが良いですね。

プラセンタ注射は「注射器」を使用するので医者免許が必要なものになります。
通常のサロンなどは医師免許を持っていない場合が多く
その場合はプラセンタ注射の対応も出来ないはずです。
信用出来る美容外科を探して相談する事をお勧めします。

プラセンタ注射をすると献血が出来なくなるという噂

最後にプラセンタ注射をすると献血が出来なくなるという噂があるようですが・・・
厳密にはこれは正しくありません。
厚生労働省からはプラセンタ注射をした経験がある人はなるべく献血を
控えてほしいと言う通達は出ているようです。
これはプラセンタは「輸血」や「臓器移植」に近い処置であると考えた場合に、
「念のための措置」として通達を出しているようです。
色々な考え方があるプラセンタ注射ですが…
若々しい肌を手に入れる手段としては有効ではあるようですね!