> プラセンタの原料とは?

プラセンタの原料とは?

プラセンタ関連の商品を選ぶときに、プラセンタの原料の質を見極めるのも
大切なポイントです。
プラセンタサプリの効果とは?で異なる動物由来のサプリがあると言ったのと関連してまして、
プラセンタエキスは哺乳動物の胎盤から抽出され、
主に豚、牛、羊が原料として使用されています。

それぞれの原料について

馬の胎盤

馬の胎盤は一般的な豚と比較してアミノ酸濃度が高いと言われています。
また馬は豚や羊と比較して衛生的であり、中でもサラブレッドはプラセンタの
原料としてかなり優秀です。
もともとサラブレッドとは競争用に品種改良され血統が登録されている馬なので
1頭1頭きちんと面倒をみられて牧場で大切に育てられています。
サラブレッドの馬が原料になっているプラセンタは価格的に高額ですが
それでも人気があるので効果があるのではないでしょうか?

豚の胎盤

豚は「デンマーク産の豚」を使われている事が多いです。
デンマークは酪農畜産国として世界トップで、
農業を国家体制で行っているので品質に信頼が置けるのが理由です。
豚は1頭1頭にIDがついており豚舎や輸送車ほか各種設備の殺菌が行われており、
ホルモン作用のある物質や抗生物質の使用は禁止、薬は獣医によって
処方されているものを使用しています。
もう一種類、「SPF豚」と呼ばれるものも原料として使用されている事が多く、
これらの豚は「SPF豚農場認定委員会」が認定した農場でのみ飼育されています。
専用の農場では健康診断結果や薬剤師用量を協会に報告する義務があり、
部外者の農場への立ち入り禁止など厳しい基準が決められています。

羊の胎盤

羊は他の動物に比べ生命力が高く免疫力が高いと言われています。
また細胞のドナーとしても最適な動物であると言われており、
プラセンタの質も高いと言えます。
今のところ羊のプラセンタを使用しているのは「MF3」という商品のみですが、
その商品で使用されている羊はニュージーランドで医療用として育てられ
全頭が健康状態や生息環境、えさを細かく管理されニュージーランド政府の認定書が
発行される程の血統書付きです。

このようにプラセンタの原料となる馬、豚,羊は全て厳密に管理されており、
その為に価格帯が高いと言う訳です。
逆に言うと価格帯が安いプラセンタはあまり管理されていない原料を
使用している可能性もある為、原料をきちんと調べたうえで購入する事が大切です。
プラセンタの効き目としてはどの原料から作られたものでも同じ、
「肌の再生」という働きをしますが人によっては合う合わないがある場合が
あるので少量から試してみるのがお勧めです。